FC2ブログ

ケルン音楽大学でピアノを勉強しているサチオが、ドイツの音大事情、生活事情などを書き下ろす!!

プロフィール 

サチオ

Author:サチオ
誕生日:1980年6月28日
出身地:横浜市
血液型:B型RH(?)
星座:かに座
趣味:テレビゲーム、ビリヤード、読書、インターネット、スポーツ観戦

自称、ひよっこピアニスト。

国立音楽大学・大学院を卒業

 

最近のコメント 

アクセスカウンター 

 

ユーザータグ 

ドイツ ケルン ピアノ クラシック 音楽大学 室内楽 音楽留学 レッスン サッカー ロバノフ ケルン音楽大学 ユーロ2008 ムール貝 留学 ライン川 クラリネット 地中海 スピリ ピアニスト パリ ヨーロッパ ゼメスター イタリア トルコ 現代音楽 演奏会 ブラームス カリアリ サルデーニャ ぶどう 集中力 健康食品 リューデスハイム レストラン 納豆 ケルシュ フェーダーローター イメージ ワイン フェーダーヴァイサー 発酵 ストライキ 旅行 トカレフ ヴェルサイユ エッフェル塔 フレンチ シャンゼリゼ 省エネ 北海道 フランス 玉ねぎケーキ タリス キャベツ サマータイム アルコール ソナタ 大学生活 入学式 えび 東ドイツ 西ドイツ 冷戦 ベルリンの壁 赤ワイン 講習会 自己紹介 ひよこ カイヤ・サーリアホ 初ブログ パスタ ホルントリオ 再統一 祝日 日記 スクリャービン ソフロニツキー 単位 ザワークラウト 授業 受験 韓国人 第二次世界大戦 グッバイ・レーニン 第九 留学生 クラシック音楽 アメリ ドイツ料理 医者 かつら バッハ 創作 日本食 法医学  DB CD Anthony 味噌 ラーメン チョコ ワッフル ベルギー 小僧 小便 リエージュ ブリュッセル 少女 David Grundstudium 1.FCケルン Vassily Thalys 奥寺康彦 リトバルスキー ポドルスキ ポーランド 一部昇格 Spiri Smeyers Ishay Hauptstudium Hambitzer Kaija Konzertexamen Roglit Quartett Lobanov 信念 情熱 アントニー 作曲家 ヴァシリー 大学 シピリ ザルツブルク イシャイ ログリット モーツァルテウム チェロ ヴィオラ EM2008 ルーブル ダヴィンチコード じんましん 痒い 専門医 一般医 診察料 イスラエル プロフィール 新年 屋台 祭り 大晦日 ジョイント 努力 みなとみらい リサイタル お菓子 大聖堂 スマイヤース デビッド avance チェンバロ ハンビッツァー メリーゴーランド クリスマスマーケット フォルテピアノ モナリザ 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
今年はケルンのクリスマスマーケットにたくさん行きました?!!

Neumarkt,Rudolfplatz,Alter Markt,Dom,Schokolademuseumの5か所を制覇!!

Schokolademuseumのとこは中世風になってる、ということで期待してたけど、全然つまらんかった。

食べ物もあまり良いのなかったし…。

クリスマスマーケットって何?」ていう、日本にいる人たちのために説明を加えると、

11月の最後の週から12月23日まで街にある広場にクリスマスマーケットが開かれるんです。

日本のお祭りのように屋台が並んでる感じで、その時期にしか食べられないものがあったりします。

ま、百聞は一見にしかず、ということで写真を載せます!!

まずは大聖堂を背景にしたクリスマスマーケットの様子から!!

クリスマス!!


次に、メリーゴーランド!!

メリーゴーランド


そして、売っているお菓子!!

お菓子


どうです?
ドイツのクリスマスマーケット楽しんで頂けました?

ではでは

Auf Wiedersehen!!





 
スポンサーサイト
2007/12/15 04:44|ドイツTB:0CM:3
今日、初めてドイツの病院へ行ってきました。

理由は、じんましん

10年ほど前に発症し、慢性じんましんと診断されたものの、何年か薬を飲み続けていた結果、ここ3年ほどは全く出ていなかったのです。

ところが、9月中旬くらいから再発して、ここ1週間くらいは最悪な状態。

身体中に出るのは前と同じだけど、今回は、特に今回は手のひらに集中してて、ピアノを弾いていたり、ベッドで寝ていたりすると体温が上がるために、手のひらの真ん中にじんましんが出てくるんです!!

そして、今日の朝、昨日に続き痒みによって目が覚めると、痒みは限界MAX!!

遂に病院行きを決意したのです。

ドイツで病院なんて、言葉がわかるかどうか不安だし、どんな医者かもわからないし…とか心の中でぶつぶつ文句言いながらも、近くの医者をネットで探し出し、いざ出陣!!

行ってみると、受付はまず普通に白衣をまとったお姉さんが二人。

そして保険のカードを提出して診察料Praxisgebührの10ユーロを払い、待合室に行くと、普通に雑誌が置いてあって、コーヒーが置いてあって、てな感じ。

10分くらい待った後、看護婦に呼ばれて部屋へ入り、まず血圧を測定され、そして出てきたのは怖そうなおっちゃん(医者です)!!

と、思ったのもつかの間、「いつからドイツにいるのか?」、「何を勉強してるのか?」、「ケルンでおいしい日本食レストランはどこか?」など、笑顔で質問攻め!!

質問後ようやく病状のことも聞いてくれたが、これといった原因がわからないため「とりあえず塗り薬を出しておくから、1日2、3回塗っておいて。」とのこと。

ま、日本でもこんな感じだったかな。

ドイツの医者ってちょっと心配してたけど、診察は普通に日本と変わらないかも、て思ってしまった。

ただ日本なら、じんましんの時、アルコールは控えましょう、とか、激しい運動しないように、とか注意書き渡されるけど、こっちでそういうのは一切なかったのは、サービス天国日本との違いか?

ちなみに今回行ったのは、一般医Allgemeinmedizinといって、要はなんでも見てくれるよ、ていうお医者さん。

ここで治せなかったりすると、専門医Facharztを紹介されて送られることになるんです。

そして、こっちの診察料は日本とは違って、3カ月ごとに10ユーロを払うことになってますが、この3か月ごとの期間というのが、1月?3月、4月?6月、7月?9月、10月?12月、となっているので、今日払った分は12月の終わりまで有効。

つまりその間は何度でもこの医者、あるいはこの医者が紹介してくれた専門医に無料で診てもらえるって仕組みだそうです。

面白い仕組みですよね。

日本より安く上がりそう。

でも自分としては、医者に何度も行きたくはないから、

早く治ってほしい…。

今日もベッドをちょっと寒いくらいにして寝ます。

では

Auf Wiedersehen!!





 
2007/11/09 07:32|ドイツTB:0CM:6
日本ではなじみはないと思いますが、ヨーロッパには(他の国にもありますが)サマータイムというものがあります。
夏の間、省エネのためとかに1時間ずらすやつです。

もともとドイツと日本は時差が8時間ですが(日本の時計が進んでいる)、サマータイムの間は7時間になります。

このサマータイムになる日というのはちゃんと決まっていて、3月の最終日曜日の午前1時にサマータイムが始まり、つまりは、時計が1時間進み、10月の最終日曜日の午前1時にサマータイムは終わります。

ということで、日曜日は1日25時間を体験したことになります。

日曜日朝起きたとき、1時間分、時計を戻すのに快感を感じました。

1時間得した?、て感じで(^o^)丿

ただ、このサマータイムは少々やっかいなこともあって、というのも、サマータイム終了のことを自覚していないと、普通に一日中1時間ずれて生活してしまいます。

今回はパソコンの時計がちゃんと表示してくれたから自分は良かったのですが、友人のT君は今日まで(つまり丸2日)全く気付いていませんでした。

今日、トカレフの演奏会に行ったのですが、その当日券を買うために、T君と夕方6時に待ち合わせしました。

しかし、彼はサマータイムが終わったことを知らなかったので、間違えて夕方5時に会場に着き、一人で待たされたと思い、キレぎみになってました(笑)

今回の場合、1時間待つことになるだけだったのでいいですが、友人K君の場合は、3月にイタリアに旅行していたのですが、サマータイムが始まったと知らずにひどい目に遭いました。

彼はイタリアからケルンに帰る途中だったのですが、飛行機の時間を1時間間違えていたために飛行機に乗り損ね、そして結局もう一度チケットを買うはめになったのです。

せっかく安い航空券買ったのに、もったいなかったですね?。

そういえば、日本でも北海道でサマータイムを試験的に実施した、とか前に聞きましたが、今はどうなってるんでしょう?

日本じゃなかなか定着しなそうですよね、しかも北海道だけじゃね!?

もし、このサマータイムの移り変わりの時期に旅行する人は気をつけてくださいね。

では

Auf Wiedersehen!!






 
2007/10/30 09:38|ドイツTB:0CM:5
昨日、長い夏休みからようやく大学が始まったかと思ったら、今日、いきなり祝日です(^o^)/

今日はドイツで何の日か知ってます???

歴史、あるいはドイツ好きの人なら、もしかしたら知ってるかもしれません。

今日は、旧東ドイツと旧西ドイツが統一した日、つまり

『ドイツ再統一の日』 Tag der Deutschen Einheit

なんです。

でも、具体的にどのような経緯でどのようにして分断され、統一したのか、気になったのでちょっと調べてみました。

1945年、第二次世界大戦の終戦後、ドイツはソ連アメリカイギリスフランスの4カ国によって占領されました。

そして、『冷戦』状態によってソ連側(共産主義)vsアメリカ・イギリス・フランス(資本主義)という形になって、1949年にドイツ民主共和国(東ドイツ)ドイツ連邦共和国(西ドイツ)に分断されますが、約40年後、1990年10月3日にめでたく再統一されることになるのです。

ちなみに、この日に行われた東西ドイツの統一式典では、ベートーヴェンの第九が演奏されたそうです。

恐らく、ドイツの人々にとって(特に旧東ドイツの人々にとって)、本当に

Freude(喜び)

だったんでしょうね。

それから、ドイツと言えば『ベルリンの壁』を思いつく人も多いかと思います。

この『ベルリンの壁』ができたのは1961年8月。

当時、東ドイツの将来に絶望した人々が、唯一境界が開かれていたベルリンを経由して、西ドイツへ逃亡していったたため、東ドイツ側がこの『ベルリンの壁』を建設しました。

そして、この壁が崩壊したのは1989年11月9日です。

この日、東ドイツは「海外旅行自由化法」を制定、そして即日公布・施行したそうです。

しかし手違いにより、国境警備隊への連絡の前にマスコミ向けの発表が行われ、東ドイツ国営テレビ局などがこれを報道してしまし、同日夜、東ベルリン市民がベルリンの壁周辺の検問所に多数詰めかけ、東西ベルリンを行き来しはじめたらしいです。

そして11月10日の未明に興奮した東西ベルリン市民が壁の一部を壊し、このことから壁の意味を失って、壁の撤去につながったようです。

s-IMG_0693.jpg

↑まだ残っている『ベルリンの壁』を撮影したものです。(2005年12月)

実は、この時テレビで放映されたのが少し記憶に残っています(^。^)

当時、自分は9歳でしたが、おそらく両親がニュースステーション(だった気がする)か何かを見ていて、そこでたまたま見ていたのだと思われます。

もちろん、その当時、ドイツに興味なんて全くありませんし、いずれ自分がドイツに住むことになるなんて思ってもいませんから、特に気をとめて見たわけではないですが、しかし、あの大勢の人々が、なにやら大騒ぎしている光景だけはしっかりと脳裏に焼きついていたようです。

ちなみに、ドイツに来る前に「ドイツのことを知ろう!!」と思い何本か映画を見たのですが、このドイツ再統一のことをテーマにした映画『グッバイ・レーニン』は必見なので、まだ見ていない人は是非!!



それでは良い休日を!! あ、日本の人々はしっかり働いてくださいね(笑)

Auf Wiedersehen!!

s-IMG_0676.jpg

↑夜のブランデンブルグ門です。(2005年12月)






 
2007/10/03 20:07|ドイツTB:0CM:2

現在の時刻 

 

スポンサードリンク 

 

ブログランキング 

今人気があるブログを見ることができますよ↓↓

ピアノブログランキング
人気ブログランキング
音楽ブログランキング

 

フリーエリア 

キーワードアドバイス
ツールプラス


今日からあなたもデザイナー!
FC2ブログ>>>

FC2アクセスカウンター登録
楽してイケメン!通販でイケメン!
 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。